一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2017.7.3(月)10:15〜11:30


梅雨に入り、当日は小雨だったり、ザーッと降ったりの天候でした。
全身かわいらしいレインコートを着た2才ぐらいの女の子とお母さんがこの日の一番乗りです。


じめじめした雰囲気もどこへやら。
そのあと、雨にもかかわらず、7組15名の皆様が集まって下さいました!
20170703すくすく03


今回のアートプログラムは『水面のペンスタンドその2〜粘土編』です!


粘土のもつ柔らかな感触が、初めてのお子さんもいらしたかもしれません。
小さな手をたくさん動かして、形を作っていきました。20170703すくすく01



ここで、5月に制作した、美しい色とりどりの紙の登場です!


水彩絵具がじわ〜っと滲んでいたり、色と色が混ざり合って更に美しい色を創り出していたり・・・。
その中から気に入ったところを選んで、糊で貼っていく親子共同制作が始まりました。
20170703すくすく02


出来上がった作品は、手のひらにほっこり包まれるような形。
20170703すくすく04


色合いもいろいろ。ステキなペンスタンドが完成しました!
20170703すくすく05


この日、初めて参加して下さった方は、前日に市内に引っ越していらしたとのこと!


開始前のちょっと緊張した表情は、お帰りの際には笑顔に変わっていて、「また、来ます!」と、嬉しい言葉をいただきました。


またお待ちしております!(*^^*)



記載者:佐藤(ひ)

6月2日(水)


この日は朝から、気温が上昇。
今年の夏は、本当に暑くなりそうですね(汗)


そんな日にご用意させて頂いたプログラムは、“清流を描く″


日本は世界有数の森林大国。
国土面積に占める森林の面積は、70%だそうです!
その豊かな森林から流れ出る沢や川は、清らかで美しく、私たちの憩いの場でもあります。
名もない沢から、有名な河川まで・・・。
皆さんの心の中にも、大好きな川辺があることでしょう。
参考までにとスタッフが持参した本に、皆さん興味深々!


「あっ!ここ奥入瀬だぁ!昔行ったぁ!」
「きれいだなぁ」
「陽の光、水に映ってるね」
20170628美田園第一02
20170628美田園第一03
皆さんを本に載っている美しい景色に見入って思いを馳せていらっしゃいました。


さりげな〜く始めた練習では、″ひょっとして、これ、本番だったかな?″と思う程、様々な清流が豊かに流れていました。
岩場や砂利なども描き入れて、頭の中でイメージする清流を心の赴くまま手を動かし走らせていきます。
20170628美田園第一04


深さを感じる流れ、さらさらと音が聞こえそうな流れ、湧き出た水があふれ出たような流れ・・・様々な清流が描かれました。
20170628美田園第一05


朝は風も無く、絶対にエアコンが必要だ!と思われる程暑かったのに、美田園の時間と空気は、とても爽やかに流れていました。
20170628美田園第一06
20170628美田園第一01



記載者:佐藤(ま)

5月24日


毎日、5月とは思えない暑い日が続いておりましたが、この日は程よい気温…。
(あぁ〜すっかりこの道にも慣れてきたなぁ〜)と思いながら、美田園の仮設集会所へ。


集会所の玄関先には、色とりどりの薔薇の花が咲いており、しばし鑑賞してからお邪魔いたしました。
準備をしていると一人、二人と集まってくださり、いつの間にか笑い声で集会所は賑やかに!


「○○ちゃん、今日は他の集まりに行って休みだって」
「◇◇ちゃん、まだ来ねのがぁ〜。寝でんでねぇのがぁ」
「じゃぁ行って声かけてくっから」と、参加者さんが迎えに行ってくださり、
「遅ぐなってしまったヤァ!!」
「なんだやぁ〜、朝っぱらから寝ったのがぁ」
「違うよー!勉強しったの。本読んでたの」
皆さんの会話を聞いていると、自然と顔がほころびます。


ということで、今日は6名の方のご参加をいただき、大小さまざまな『筍』をモデルに臨床美術スタートです!
美田園第一2017052401


「オレは男だから一番でかい筍」
「この曲がり具合が気に入ったわ」
一人一人、自分の気に入った筍をモデルに、中身の色、そして皮へと描き進めてゆきます。
美田園第一2017052402
美田園第一2017052403
皮の重なりの部分や、根っこ部分の表現に四苦八苦しながらも、それぞれ個性のいっぱい詰まった『筍』の出来上がりです。
美田園第一2017052404


「チョット気に食わなかったけど、離れて見ると意外と見れるね」
と、自分の作品の仕上がりにまんざらでもない様子。
鑑賞会でも、「うわぁ この筍柔らかくて美味しそうだね!」
「本物そっくりだねぇ」
「なんか、柔くて美味しそうだから、ガッブッ!としてしまいたい」
と、ワイワイガヤガヤ笑ったり、歓声をあげたりして作品の一枚一枚をじっくり鑑賞し合っていらっしゃいました。


「コーヒー入れっから、疲れたべから飲んでいって」と声をかけていただき、お言葉に甘えてコーヒーをご馳走になってきました。


月1度、2時間だけですが、近所の方々と日々の出来事やいろいろな話題で盛り上がり、会話を楽しみ笑いあえる場があるということ。
たった2時間だけですが、私にとってもこの時間を一緒に共有出来ることに感謝です!!


「また、来月楽しみにしているからね」との声を受け、集会所を後にしました。


記載者:ひろおか

5月9日(火)10:00〜11:20


新緑が美しい良く晴れた日。
福島市内にある、いいたて子育て支援センターすくすくさんに集まってくださったのは、7組のお母さんとちびっ子たち。
新年度から加わった小さな新人さんもいます。


今回のプログラムは『水面のペンスタンドその1〜バチック編〜』です!!


「みんな水って、知ってる?」
「実際に流してみようー!」


ペットボトルから勢いよく流れ落ちる水を見て、子どもたちは目をキラキラ。
お母さん方はちょっとハラハラ(笑)


目の前で水が流れる様子を観察したら、今度は、障子紙にオイルパステルで流れる水の線を描いていきます。
20170509すくすく01
20170509すくすく02
勢いのある線や細くか弱い線、渦を巻いている線など、背伸びをして思いっきり手を伸ばしながら、たくさんたくさん描きました!



次に登場したのは色水。


「うわぁ、きれいな色だねー!」


筆につけて、オイルパステルの線に重ねてみると・・・


「はじいてる!」


人生初のバチック体験です。
それからはもう、手が止まりません。
色が混ざり合って生まれた、新しい色にも出会えました!
20170509すくすく03


「すごく、いい色ができたね」


自分が創り出した色にご満悦のようです。


スポンジも使って、先ほどの色水をいっぱい吸い込ませてにじみを楽しみます。


「じわ〜っと広がっていくよ!」


すると、みんなもマネして、じわ〜(笑)


20170509すくすく04
にじみって、本当に美しい。


画面いっぱいに描き終えたちびっ子たちは、2枚目に突入しました。
20170509すくすく05
20170509すくすく06
なかには3枚目に挑戦するお子さんも!


今回の色体験『水面のペンスタンドその1〜バチック編〜』は、お子さんだけではなくお母さんも楽しんでいただけたみたいです。


次回は、『水面のペンスタンドその2〜粘土編〜』です!
お楽しみに♪



記録:佐藤(ひ)

4月26日(水)


今日は盛りだくさんな手順でペンスタンドを作ります!
しかも、“水面の”ペンスタンド。ふつうのペンスタンドではありません。
“水面”をイメージをしたペンスタンドです!


はじめは、皆さんどんなものなのか、さっぱりイメージが付かない様子・・・。
出来上がりの作品を見てもピンとこない・・・。
ですが、ここからが臨床美術のイリュージョン。
みなさんに、美しい水面の画像をお見せし、しばし、リラックスモードへ。
水面に映し出された、空や木々たちのキラキラとした姿に
「あ〜こりゃきれいだ」
「どこからが空なのか水面なのか・・・・」
と、うっとり。
静かな水面、流れがある水面。
紅葉の色彩で水面が色付いて見える湖や、さわやかな風が通り過ぎる水面・・・など美しい画像をみながら、みなさんで一喜一憂。


その後、思い思いの水面を色彩と線で表現していきました。


20170426美田園第一01


絵の具もプラスして、さらにみずみずしさ感アップ!


「・・・って、これでどうしてペンスタンドになるのさ?」


そこは、あっと驚く、アハ体験満載の臨床美術。
粘土を使ってペンスタンドへと変化させていきます。お次は“陶芸家モード”に突入。


20170426美田園第一02


このあたりから、みなさんの集中力がすごかった・・・!
(みなさん、まばたきしてるかなぁ〜。息しているかなぁ〜)と時々心配になるくらいです。


さて、これをいよいよペンスタンドへと変化させます。


20170426美田園第一03


形が個性的な方、大胆な色彩でハッとさせられる方、ずっしりとした存在感あふれる、世界にひとつだけのペンスタンドができあがりました。


20170426美田園第一05


20170426美田園第一06


苦労したぶん、鑑賞会は大盛り上がり!
みんな違ってみんないいね。
みんな素敵な作品です。


20170426美田園第一04


笑顔も素敵!


ご参加ありがとうございました!


記載者:佐藤(え)


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

Profile

Selected Entry

Archive

PR

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM