1月24日をもちまして、福島市飯舘村子育て支援センターすくすくさんへのにほりぼの活動が終了となりました。


最後のセッションは「土偶を作る」。
これまでの感謝の思いとともに、子どもたちの成長とこれからもみんなが笑顔で過ごせますように…とガラス玉に願いを込めました。
赤茶色の粘土を思い切り良くぐいぐいと押し込み、どんどん形を変化させていく様子を思い返すと、思わずこちらが笑顔になってしまいます。


「変な顔〜」
「これ何のかたち?」
「鼻の穴ができたぞ!」


みんな、お母さんと一緒に形の変化を楽しんでいました。


粘土のひんやりした感触もまたいい刺激となりました。
活動開始当初は絵の具や粘土で手が汚れることが苦手だったお友だちも、今ではすっかり慣れました。
鑑賞会も“当たり前のこと”。
お友だちの作品を、一緒に楽しく見る事ができるようになりました。
もちろん、


「僕の見て!」
「私のも見て!」


と、自己表現も楽しめるようになりました。


2015年3月から活動を開始し、小さな手から繰り広げられる数々の作品はどれほどだったでしょう。
毎回、私たち臨床美術士をうならせ、驚愕させ、感嘆させてくれました。
私たちにとって、最大で最強の師と言っても過言ではありません。


すくすくさんは、2020年3月3日をもって閉所となりましたが、すくすくさんで育まれてきた親子の絆と笑顔はこれからも繋がっていくことでしょう。


ご参加くださった多くの皆さまに感謝申し上げます。
そして、“にほりぼ”の活動をご理解下さり、広い心で見守ってくださったスタッフの皆さんにも感謝申し上げます。


そんなスタッフさんから、素敵な「くるみボタン」を頂きました!
なんと手作り!ありがとうございます(*^^*)
すくすくさん20200320


約5年間、本当にありがとうございました。
土偶に込めた願いが、すぐに叶いますように。


記載者:佐藤(え)

1月24日(金)
大寒が過ぎて間もないというのにぽかぽか陽気のこの日、12人のチビッ子と10人のお母さん方が集まってくださいました。
すくすくさん2020012403
暖かな日差しの中、今日は何を作るのかというと…?
なんと、本日のプログラムは『土偶』!!
一体、どうやって作るんでしょうか?


初めに出てきたのは、キラキラしたガラス玉。
すくすくさん2020012401
ひとり1つずつ、自分で選びます。
このガラス玉に願いを込めて、ギューッとしてみましょう。
小さな手のひらで一生懸命、力を込めます。


―幸せがいっぱい訪れますように―
すくすくさん2020012402


次に登場したのは、ちょっとオレンジがかった粘土。
すくすくさん2020012404
早速触り始めます。


「冷たいね」
「柔らかくて気持ちいい〜」
いろいろな感想が出てきます。
ギューッと握って?今度は、ながーく伸ばして。
すくすくさん2020012405
すくすくさん2020012406

小さな手をたくさん動かして、粘土の形を変えていきます。
この粘土の中にさっきの大切なガラス玉を仕舞いました。
みんなが握った粘土をよく見ると、なんだか顔に見えてきて。
すくすくさん2020012407
ここに目をつけてみたら?鼻はここかな。口はこっちかな。


この世界にたったひとつの土偶の誕生です。
すくすくさん2020012409
すくすくさん20200124010
すくすくさん20200124011
すくすくさん20200124012


出来上がった作品を観ながら、みんなで鑑賞会をしました。
すくすくさん2020012408
すくすくさん20200124013

「この顔は笑ってるね」
「こっちにも、顔が見えるよ」
教えてくれる子もいます。


だれかの作品を観て、何かをみつけることはとっても楽しい。
大人も子どもも同じです。みんなでそれを体験できたステキな時間でした。


佐藤(ひ)

2019年11月26日(火)本日も晴天なり!
落葉の間を抜け、本日も臨床美術を届けに参ります!


今日の現場は、福島市内にある飯館村から避難されてきた子育て世代の皆様をサポートする『子育て支援センターすくすくさん!』
市内の同じ子育て世代の皆様とをつなぐアート支援に行って参りました。


本日のテーマは、「雪の年賀状」です。
20191126すくすくさん01
大好きな誰かに送れる・・・そんな作品ができるといいね。


本日お集まりいただいたのは、11組23名の皆様。


「雪が木々に降り積もってねぇ〜」
提示された写真には、雪の細道を巡るような木々に降り積もる風景が・・・。


「おおお。」
「ああー」
20191126すくすくさん02


20191126すくすくさん03
写真を前に子ども達から思いこもった声が上がります。
間もなく、雪に覆われる季節。
子どもたちの中にも季節に意識を傾ける機会になったかもしれません。


20191126すくすくさん04
20191126すくすくさん05
20191126すくすくさん06
銘々、それぞれの雪を降らせます!
そして、出来上がった画面の「きれいだな!」「すてきだな!」「ここつかってみよう!」と思うところを切り出して、ハガキに貼り付けると・・・。


あら!ステキ!!!
20191126すくすくさん07
世界で1つだけの年賀状の出来上がりです。


保護者の皆さんからは、
「あれ、ハサミつかえったけ?」
「大胆でカッコいい!」
「いいとこ見つけるよね!」
と、我が子のステキなところを見つけてくださるお声をたくさんお聞かせいただきました。


20191126すくすくさん08
20191126すくすくさん010
20191126すくすくさん011
「感動」と言う言葉があります。
“感じるが動く”と書きます。

子ども達は、心が動くままに表現を楽しんでいるからこそ、私たちに「感動」を与えてくれるのでしょうね。

これは素晴しいことです!
改めて、子どもたちが内在している可能性、そしてアートの持つ魅力を再確認する機会となりました。


ご一緒いただいた皆様、本当に素晴しい時間をありがとうございました。
20191126すくすくさん09


またお会いしましょう!


記載者:古瀬

2019年9月13日(金)


やっと暑さが和らぎ、涼しい風が心地良い季節となりました。
この日も元気いっぱいのチビッ子たちが続々と集まってきてくれて、あっという間に賑やかになりました。
お母さんやおばあちゃんも含めると、総勢17名!
いよいよ、9月のアートサロンの始まりです。


この日のアートプログラムは、『かぼちゃの新聞工作』
主役となるずっしり身の詰まったかぼちゃがいっぱい!
20190913すくすくさん01


両手でじっくり触って、よ〜〜く観察して、かぼちゃを感じてみましょう!
20190913すくすくさん02


まずは、新聞紙を小さな手でギュッギュッ。
まるめて、くっつけて。
「中身の色は、どんな色?」
「外側の皮は、どんな色?」
「こんな色かな。こっちかな。」
いろいろ迷って選びながら、色付けしていきます。
ペタペタ貼るのは楽しいね。
筆を使って糊をつけるのは、きっとみんな初体験。
たくさんの色があって、色選びも楽しそう。
「スジもあるよね。」
「こんなふうにしてみたら、どうかな。」
段々とかぼちゃになっていきます。

20190913すくすくさん03
初めは恐る恐る糊をすくっていたお子さんも、慣れてきたらもう大丈夫。
少し難しいところは、お母さんやおばあちゃんに手伝ってもらって貼りました。



「かぼちゃのへたのところは、どうしましょうかねー」
20190913すくすくさん04
ここはちょっと難しいので、お母さん方の出番です。


工夫して、おもしろい形のへたがたくさん登場しました。


完成して、さあ、鑑賞会です。
20190913すくすくさん05


カラフルなかぼちゃが勢ぞろい!
20190913すくすくさん06

ひとつひとつ、色も形もとても魅力的です。


お子さんだけではなく、お母さん方の目もキラキラしていました。
「夢中になって作りました!」
初参加のお母さんからいただいた嬉しい言葉。


時間を忘れて夢中になるって、素晴らしい!
なかなか難しいかもしれませんが、こういう時間を大事にしていきたいですね。


佐藤(ひ)

7月26日(金)
今日の福島市は、気温が35℃で、湿度の高い風が強く吹いていました。
日差しもちょっと痛いほどです。
そんな暑さを吹き飛ばすような『太陽のバック』できるかなー。


みんなで前に集まって、いろいろな太陽の写真を目を輝かせて見入っています。
すくすくさん2019072601


「太陽って、赤い色だけじゃないんだね!」


さあ、太陽の形を切り取ってみよう。
お母さんにお手伝いしてもらいながら、はさみでチョキチョキ。
すくすくさん2019072602

あっという間に大きな太陽、おもしろい形の太陽、たくさんできました。


今度は、色をつけていきます。
布のバックにチュウブの絵の具をギュ。
すくすくさん2019072603

こんもり小さな山ができました。


それを布いっぱいに広げていきます。
すくすくさん2019072604
そのうち、指でもペタペタ。
すくすくさん2019072605

感触がおもしろいのかな?なかなか止まりません(笑)


たくさんの色を混ぜながら、どんどん新しい色を作っていきます。
すくすくさん2019072606

すごく盛り上がって、カッコイイ太陽もあります。


両手を思いっきり絵の具だらけにして作った太陽のバック。
すくすくさん2019072607
すくすくさん2019072608

みんなの元気パワーがいっぱい詰まっているね!


記録:佐藤(ひ)

2019年5月31日(金)


福島市のシンボル吾妻山に、春をお知らせする「種まき雪うさぎ」が現れ、初夏となり、すくすくさんにも新しいメンバーが通って来てくれるようになりました。
本格的なアートを親子で一緒に体験できる、市内でも珍しいすくすくさん。
今日も元気に臨床美術に取り掛かります。



今日は小さな素焼き鉢に、“種”をまくことからはじまりました。
どんな花が咲いたら楽しいかな?
根っこはどうはえてるの?
20190531すくすくさん01
子どもたちの興味を引きながら、そして素焼き鉢そのものの触感もじっくり味わいながら、どんどん種をまいていきます
20190531すくすくさん02



芽が出てふくらんで・・・花が咲いたら?
想像しながらオイルパステルで一生懸命土づくり。
20190531すくすくさん03
20190531すくすくさん04
素焼き鉢の素朴な風合いが手の中でひんやり気持ちいい。
紙以外のものに描くのって、冒険心をくすぐりますね。
20190531すくすくさん05



さて、色とりどりの種から根っこがぐんぐん伸びてきました。
大きく伸びろ、大きく開け!
たくさんの素焼き鉢を並べたら、大きな花壇になりました!
20190531すくすくさん06
20190531すくすくさん07
素敵な種まき“子うさぎ”さん、一緒に制作してくださった先生方、ご参加ありがとうございました♪


記載者:佐藤(え)

3月26日(火)
三寒四温とは今の季節ですね。
今年は桜の開花が早い…とは言うものの、まだまだ桜のつぼみは固い感じです。


すくすくさんの真向かいには、城山という山があり、桜が咲くと、山の上が桜の花のピンクで染まります。
遠くから見るとまるでいちごプリンのよう…。
今年ももちろん見られます。
そんな今年度最後のプログラムは、「満開の桜の大木」。


お母さんと一緒に満開の桜の花を咲かせていきます。
桜の花の写真を見ると、気分は一気に春モード。
さて、描くぞ〜!

筆を持つ手も力がみなぎります。


桜の花はピンク色?

いえいえ、子どもたちは思い思いの色で染めていきます!



こんな桜があったらおもしろいね。




まるで、菜の花と桜が一緒に咲いたように見える作品も。


ママと一緒だと、楽しい桜の大木が出来上がるね!
桜が咲くのはもう少し先。
それまでは、この「満開の桜の大木」でお花見といたしましょうか。


記載者:佐藤(え)

2019年1月16日(水)


新年最初の臨床美術はすくすくさんからスタートでした!
この日の福島市内はとても風が強く、雪もちらほらあり、体感温度は2〜3度ほど。
風に飛ばされないように踏ん張りながら歩いて、チビッ子たちが来てくれました。



テーマは『色との出会い』
カラフルな色水を使います。


まず最初は黄色から。
すくすくさん2019011601
じわーっと、広がっていくのをみんなじっと見つめています。


青を加えると、色が変化!
すくすくさん2019011602
これも、じ〜っと見ています。


「次は何色にする?」

「あかー!」

「じゃ、赤を足してみましょう。」

「うわぁ、きれい!」

こうして次々と生まれていく美しい色のみずたまり。


おもいきり色と遊んだ後は、お友達と追いかけっこが始まりました。
すくすくさん2019011603
しばし、休憩タイム。

お母さん方は、優しいまなざしでお子さんたちを見守ったり、お母さん同士で情報交換したり、和やかな時間が過ぎていきます。



「さあ、集まって、最後の仕上げをしましょう。」
すくすくさん2019011604
すくすくさん2019011605
気に入った色の集まりを選んで作品に仕立てて完成です。


出来上がった作品をガラス扉に展示して、いよいよ鑑賞会。
すくすくさん2019011606
すくすくさん2019011607
すくすくさん2019011608


外は、すごく寒そうだけど、作品のまわりは、ほっこり明るくあたたかい。


初めての経験をして、またひとつできることが増えたチビッ子たちは、次に会う時にはまた大きく成長していることでしょう。今からとても楽しみです。



記載者:佐藤(ひ)

11月21日(水)


あたたかく冬支度したチビッ子達が、ひとり、またひとりと集まってきて、アートの時間が始まります。


この日のプログラムは、『点と線のランチョンマット』でした!


様々なサイズの丸シールをペタペタペタ。
20181123すくすく01
くっつけてみたり、離れたところに貼ってみたり、画面いっぱいに点が広がります。



「今度は、その点と点を線で結んでみましょう!」
20181123すくすく02
20181123すくすく04
離れていた点と点がつながっていくと、おもしろい形が見えてきました。



見えてきた形に好きな色を塗ってみると・・・
20181123すくすく03
きれいな色がたくさん!
何だかカラフルな色を見ているだけでワクワクしてきますね。
絵の具を混ぜて、新しい色を作ってみるのも楽しい!
20181123すくすく05



金色の絵の具を入れると、キラキラしてクリスマスバージョンのようです!
20181123すくすく06



今年のクリスマスは、手作りランチョンマットで、楽しい時間となりますように。
20181123すくすく07
20181123すくすく08
20181123すくすく09



記載者:佐藤(ひ)

9月11日(火)
暑かった夏の日もやっと穏やかになり、日に日に秋めいてきた今日このごろ・・・。


この日のテーマ、芸術の秋の入り口は「お月様を作る」でした。
まんまるお月さまかな?それとも三日月のお月さまかな?
さてどんなお月さまが登場するか楽しみです。


20180911すくすくさん01
20180911すくすくさん02
一生懸命、のり付け中。
20180911すくすくさん03
20180911すくすくさん04
ちょっと立ち仕事になった場面もありましたが、ママと一緒だから楽しいね。


そういえば、お月さまって光るもの。どうやって光らせるのかな?


20180911すくすくさん05
むむ!?光ってる!?どんなからくりになっているのやら。


20180911すくすくさん06
あっちからのぞき、こっちからのぞき・・・知的好奇心全開でした。


20180911すくすくさん07
明るく光るお月さまを見ていると、気持ちが穏やかになりますね。


20180911すくすくさん08
色とりどりのお月さまがたくさん。ほっこり温かくなりました。


20180911すくすくさん09
太陽の光で明るく照らされるお月さまもおつなものです。(*^^*)


参加していただき、ありがとうございました。


記載者:佐藤(え)


Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

Profile

Selected Entry

Archive

PR

Mobile

qrcode

Link

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM